農業体験

Go to Rikuzentakata

農業体験2021受付中!

 10月に突入するといよいよ国内のりんご収穫量の半数以上を占めるふじ(収穫は11月頃)の「着色管理」がはじまります。 りんごは紫外線を浴びて赤く色付くので、奇麗に色付けるためには影を作る葉っぱを摘み取る「葉摘み」や、裏側にも日光が当たるように実を回す「玉回し」をしてあげる必要があります。 「着色」と言っても赤色の絵具で塗るわけではないんですね。

 海と山と太陽の恵み米崎りんご。シーズンの総仕上げにあなたも挑戦してみませんか!?(りんご狩りもできます)

 9月30日にすべての都道府県の緊急事態宣言は解除されますが、特にご参加前は慎重な行動をお願いいたします。当ページ下部に掲載している当法人が定めた感染症対策についても必ずご確認ください。


  • 葉摘み&玉回しは赤いりんごの収穫前の仕上げのような作業です。

  • 葉っぱのあとが色付いていないのが分かります。

りんご畑と陸前高田カレンダー

観光旅行、校外学習を計画する際の参考にしてください。体験可能な作業はりんごの生育状況によって前後しますのでご了承ください。

選べるふたつの
農業体験プラン

  • 農業体験
     ふらっと来て、ふらっと帰れるくらいがちょうどいい。旅の途中で立ち寄れる気まま農業体験です。 午前中か午後だけでもよし、一日をりんご畑で過ごすのもよし! 季節ごとの農作業とお客様の希望によって、毎回新しい体験が生まれます。
    集合時間
    10:00 / 14:00
    体験時間
    約1時間から
    入園料
    お一人様1,000円(税込)
    申込期限
    希望日から2営業日前の17:00
  • りんご狩り(秋限定)
     9月から11月頃のりんごシーズンにはもちろん、りんご狩りもやってます。時期ごとに収穫できる品種が異なりますので米崎りんごの品種のページも参考にしてください。
    集合時間
    10:00~16:00
    体験時間
    約1時間
    入園料
    お一人様500円(税込)
    りんご代
    1kgにつき400~500円(税込)
    ※りんご代は収穫できる品種により異なります。
    ※りんご1kgは3個前後が目安です。
    申込期限
    希望日から2営業日前の17:00
  • ※体験の内容は季節や作業の進行状況によって異なりますので、お申込み前にお気軽にお問合せください。
  • ※畑にはトイレがありません。集合前にお済ませください。
  • ※畑はバリアフリーではございません。大変申し訳ございませんがご容赦ください。
  • ※悪天候の場合は、当法人の判断で中止となる場合がございます。
  • ※集合時間は目安です。お客様の都合に合わせて変更できる場合がございますのでご相談ください。
  • ※集合場所はお申し込み後にご案内いたします。当法人では陸前高田市米崎町内で4箇所の畑を管理しているため、作業の進行状況によって体験可能な畑が変わります。
  • <服装について>
    動きやすく汚れてもよい服装でお越しください。
    帽子や汗拭き用のタオル、軍手などはお客様の方でご用意ください。
    屋外での体験作業となりますので、日焼けや花粉症の対策も必要に応じてお願いいたします。
  • <感染症対策について>

    ※当日から14日以内に感染が拡大する地域への往来や、濃厚接触の疑いがある方のご参加はお控えください。

  • ※万が一の感染拡大を防ぐため、他の団体・グループとの同時催行は行いません。同一の日時は先着順での受付とさせていただきますのでご了承ください。
  • ※予約時にお預かりしたご連絡先は、関係者から陽性者や濃厚接触者が発生した際にも使用される場合があることをご了承ください。
  • ※催行前のキャンセル料は当日も含め発生しませんので、体調に異変を感じた際の参加はお控えください。キャンセルの場合は開始時間前にご連絡をお願いいたします。
  • ※マスクの着用を推奨いたしますが、屋外であること、熱中症の予防等の観点から、状況に応じてご判断ください。
  • ※陸前高田市や隣接する地域などで感染者が発生した場合、発生の状況によっては受入を休止させていただく場合がございますので、予めご了承ください。
  • 資料:ウィズコロナ期の農業体験の受入態勢について(PDF)
  • 資料:観光農園における新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(作成:農のふれあい交流経営者協会)

農業体験レポート

 LAMPではCOVID-19が世界的に流行した2020年度にも感染症リスクの少ないりんご畑にて、 主に地域内のお客様を対象に農業体験・イベント・実習・視察などの受け入れを継続してきました。 以下のページでは、その一部をご紹介させていただきます。

ページトップへ