【終了】LAMP代表松本、クラウドファンディングに挑戦中!

Crowd funding

受付を終了しました。ご支援・ご協力ありがとうございました。
クラウドファンディング

陸前高田の食と農を守るための「根っこ」になれる農業交流施設をつくります!

 当法人代表の松本玄太が、陸前高田に農業交流施設をつくるため、クラウドファンディングに挑戦中です。 以下に、クラウドファンディング開始時に松本が自身のFacebookに投稿した内容を転載しています。 広島出身でミュージシャンでもある松本が、陸前高田と関わってきた約10年の間に何を感じ、何を想ったのか。 ご一読いただけましたら幸いです。

 企画の詳細は、CAMPFIREサイト内の本プロジェクトページ「陸前高田の食と農を守るための『根っこ』になれる農業交流施設をつくります!」をご覧ください。


松本 玄太
11月17日 9:21

※ここでは自分の思いを書いています。活動内容についてはクラファンサイトをご覧いただければと思います。(珍しく長文です)

「やりたいからやる!!」

今回この活動をやる上で何故やるのかずっと考えていました。そこで行き着いた答えが「やりたいから!!」です。
でも、ただ自分がやりたいからだけではただの自己満、自己実現だけになってしまいます。

大切なのは

だと思います。

本当に「やりたい!」と思えることに出会うことってなかなか無いと思います。
僕も音楽以外で本当にやりたいと思えることってあるのか?とずっと思っていましたが、ここにありました。
陸前高田に来て間もなく10年目に入ります。
それまで経験したことのないことばかりを経験し、沢山の出会いがあり、その中で出会えた情熱を注げるものです。
ありがたいことに一緒に取り組んでいける仲間にも出会えました。
米崎りんごに出会い、そこで働く人たちに出会い、さらにりんごだけではなく陸前高田で農業に取り組む人たちに出会いました。
陸前高田では沢山の良い農産物が作られています。
それをもっと多くの人たちに知って食べてもらいたい。最高の形で沢山の人に届けたい。
陸前高田の食と農を守り、素晴らしいものであることをもっと発信していきたい。
そんな思いが湧いてきました。

自分が農業に関わりそんなふうに思うことが不思議ですが、それはこれまで出会った人たち、陸前高田というまちのおかげです。
そんな人たちに少しでも恩返しができるよう、そしてみんなが活き活きと暮らせるまちを作れるよう、取り組んでいきたいと思っています。
もちろん1人では決してできることではありません。自分は「支える人になりたい」と思ってきましたが、今でも沢山の仲間に支えられてここまで来ました。
もしかしたら後にも先にも無い大きなチャレンジになるかもしれません。
陸前高田の仲間はもちろん、地域を超えて沢山の人たちと作り上げていきたいと思っています。
農業通じて地域を支え、地域みんなで農業を支え、そんなまちになればいいなあと勝手に思っています。


農業交流施設の計画

さらには、食と農と音楽を繋げ、「なんか陸前高田って活き活きしてるよね」「なんか自分も参加してみたい」と少しでも思ってもらえることを願っています。

是非ともみなさんのお力を貸していただければと思います。

返礼品には陸前高田の若手農家が愛情込めて育てた沢山の農産物を提供していただいています。

よろしくお願いします!!


松本玄太について

過去に取材していただいた松本のインタビュー記事などを紹介します。よろしければご覧ください。

クラウドファンディング
ページトップへ